価値がある不動産を入手する

>

最初に用意しなければいけないもの

綺麗な新築がいい

不動産を購入し、入居者を増やして賃料を徴収するというのが、基本的な不動産投資の稼ぎ方です。
そのため、入居者を順調に集められる、価値ある不動産を用意しなければいけません。
新築の不動産は見た目が綺麗ですし、セキュリティー対策がしっかりしていることが多いです。
そのため、入居者が安心して暮らせるでしょう。

ただ、新築の不動産は、かなり高額な費用が発生します。
必ず費用を確認して、予算を超えないことがわかったら購入しても構いません。
しかし予算を超えるなら、無理に新築を選択しなくてもいいでしょう。
いい物件なら、中古でも不動産投資を成功させられます。
不動産を選択する際は、新築であることにこだわらないでください。

中古の物件をリノベーション

築年数が経過すると、それだけ中古の不動産の価格が下がります。
購入しやすいので、不動産投資の初心者は中古を選択するのがいい方法です。
しかしあまりにも汚いと、入居者を増やせません。
そのため、リノベーションをしましょう。
すると外装も内装も新築のように綺麗になるので、入居者は気にせずに暮らせます。

新築の不動産を購入した時より、中古の不動産を購入してリノベーションした時の方が、費用を安く抑えられるケースが多いです。
また、入居者が自分でリノベーションができるルールにしてもいいでしょう。
すると自由度が高いことが評判になり、入居者を増やせます。
自分は基本的な工事の費用だけ支払えばいいので、費用削減にも効果的です。


シェアする